×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

投資法の概略







 投資法の概略

  競馬でお金を増やすにはどうすればよいか?
  
  答えは「当てればいいんです。」これだけ。

  しかし狙ったレースで当て続けるのは至難のわざです。

  たまには当たることとがあるかもしれませんが、トータルでみればマイナスに
  なっていることがほとんどでしょう。

  じゃあどうすればよいのか?

  ここで一番大事なのは戦略です。


  「何をいつどれだけ投資するか」


  もうすこしわかりやすく言いかえると、どの馬に、どのタイミング(レース)で、
  いくらのお金を投入するかというこです。

  なんだそんなの当たり前だよと聞こえてきそうですが、この3つの要素がバランスよくないと
  勝ちつづけることはできません。

  1つでもバランスが悪いと、的中はするかもしれないけれどお金は増えません。
  競馬に絶対は無いのです。
  どんなに強い馬だって負けるときがあります。

  大事なお金を賭けるわけですから何か確かな根拠が必要です。

  まずは下のデータを見てください。


  
出現率 平均配当 回収期待値
単勝1番人気 34.15% 2.17 74.11
単勝2番人気 18.5% 4.04 74.74
単勝3番人気 12.5% 6.17 77.13
枠連1番人気 20.1% 3.81 76.58
                         (2001年〜2003年)
 
  3年間の基本データをのせてみました。
  上のデータから何がわかるのかというと
  同じ馬券を定額で買い続けると、100円あたりおよそ23円から26円損をしてしまう
  ことになります。
  
  次に出現率から1日12レースあたり何回出現するか計算してみると

  単勝1番人気は4.098(12×0.3415)
  単勝2番人気は2.22
  単勝3番人気は1.5
  枠連1番人気は2.41となります。

  単勝1番人気は1日平均4回(3レースに1回の割合)出現する割合になります。
  あくまでも平均ですので、0回の時もあれば8回の時もあります。
  そこでこの平均4回を基準にして考えてみることにします。

  例えば、ある土曜日に単勝1番人気の出現回数が0回だったとします。
  普通ならば1日4回も出現するはずのものがぜんぜん出現しないので
  次の日曜日にはかなりの確率で出現することが予想できます。

  つまりデータと資金算出方法と自己資金によって、競馬が投資として成り立つのではないかと
  考えられます。

  ここまで読み進めて、難しいし面倒だと思うひともおおいでしょう。
  ですから検証と投資法のページで、ターゲット、資金配分、リスクについて前もって記入しますので
  参考にしてみてください。
  




無印良品ネットストア

 
 ・ TOP
 ・ はじめに
 ・ 投資競馬とは?
 ・ 競馬のしくみ
 ・ A-PAT会員になろう
 ・ 資金を倍にする方法
 ・ 100万円をつくるコツ
 ・ マーチンゲールの法則
 ・ ココモ式
 ・ モンテカルロ方式
 ・ 馬法の方程式
 

 ・ メビウスの方程式
 ・ パンク回避
 ・ ジレンマ
 ・ かんたん資金配分表
 ・ かんたん投資法
 ・ データ 
 ・ 投資法
 ・ 検証
 ・ 投資競馬中級編
 ・ 0から無料で稼ぐ